お問い合わせ ホーム
三田文学について 雑誌紹介 その他の刊行物 オリジナルグッズ 会員募集 定期購読のご案内 広告主募集 イベント
 
「三田文學」バックナンバー
三田文学新人賞
同人雑誌評
編集部特別企画
創刊号〜昭和19年10・11月号合併号の「三田文学」をオンラインでご覧いただけます。
ぜひ、トライアルでお試しください。


 

三田文学編集部
〒108-8345東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学内
mitabun@muse.dti.ne.jp

 

▼「新 同人雑誌評」は、文藝春秋社から刊行されている文芸誌「文學界」の2008年12月号で、57年間つづいた「同人雑誌評」が終了したことを受けて、それを引き継ぐかたちで新しく対談形式ではじまりました。


▼「三田文學」の新 同人雑誌評で選ばれた最優秀作は、半期ごとに「文學界」に掲載されます。


▼2023年11月より電子書籍による同人誌のご応募も受け付けます。以下のアドレスまで、選者の方へ共有可能なPDFファイルなどの形でお送りください。※個人による1点のみの作品の応募などは受け付けておりません。


●同人雑誌募集●

同人雑誌を発行ごとに「三田文學」編集部(下記の住所)まで、
3部お送りください。

〒108-8345
東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学内
「三田文學」編集部 同人雑誌評係
mitabun@muse.dti.ne.jp


これまでに
取りあげられた作品

No.153(2023年春季号)
No.152(2023年冬季号)
No.151(2022年秋季号)
No.150(2022年夏季号)
No.149(2022年春季号)
No.148(2022年冬季号)
No.147(2022年秋季号)
No.146(2021年夏季号)
No.145(2021年春季号)
No.144(2021年冬季号)
2020年(No.140〜No.143)
2019年(No.136〜No.139)
2018年(No.132〜No.135)
2017年(No.128〜No.131)
2016年(No.124〜No.127)
2015年(No.120〜No.123)
2014年(No.116〜No.119)
2013年(No.112〜No.115)
2012年(No.108〜No.111)
2011年(No.104〜No.107)
2010年(No.100〜No.103)
2009年(No.97〜No.99)

◆ No.156(2024年冬季号)で取りあげられた作品
・尾代余音「その話は犬猫を全て殺してからにしよう或いは北緯三十三度一分西経四十度二十六分を向いた軽率なパロディ」(「せる」第123号)
・魚家明子「雨とドア」(「北方文学」第87号)
・後藤高志「あの日カプセル」(「もし今、○○に戻れたら」)
・冬由野森「夕されば」(「珍」第3号)
・一乗谷かおり「無言」(「こみゅにてぃ」第117号)
・石丸明「背中」(「樹林」Vol.695)
・内山秀樹「七十歳の大きな壁」(「樹林」Vol.695)
・三島禎子「眠れぬ夜に」(「珍」第3号)
・吉川猛「返済」(「せる」第123号)
・谷口あさこ「蝶の行方」(「せる」第123号)
・こるり「どーも、メンヘラです」(「樹林」Vol.695)
・瀬戸みゆう「刺す」(「半月 すおうおおしま」第10+3号)
・山本弥穂「巣守り児の行方」(「珍」第3号)
・春木静哉「松杭」(「こみゅにてぃ」第117号)
・水無月うらら「やわらかな鯨」(「星座盤」Vol.17)
 
著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー | サイトマップ