お問い合わせ ホーム
三田文学について 雑誌紹介 その他の刊行物 オリジナルグッズ 会員募集 定期購読のご案内 広告主募集 イベント
 
三田文学新人賞
同人雑誌評
編集部特別企画
 

三田文学編集部
〒108-8345東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学内
mitabun@muse.dti.ne.jp

 
◆ No.123(2015年秋季号)で取りあげられた作品
・宇野健蔵「晴れた日は電車に乗って」(「じゅん文学」82号、名古屋市緑区)
・吉留敦子「女友達」(「AMAZON」469号、兵庫県尼崎市)
・安和井間弥「学校の怪談」(「こみゅにてぃ」92号、埼玉県和光市)
・水無月うらら「きみから見える世界」(「星座盤」8号、岡山市北区)
・板坂剛「秋の彼方に」(「北方文学」71号、新潟県柏崎市)
・伊藤文隆「病院の廊下で」(「街道」25号、東京都武蔵野市)
・南奈乃「べた踏み坂」(「てくる」17号、大阪市東成区)
・稲村武久「お披露目」(「繋」9号、大阪府吹田市)
・飯野修平「大地炎上」(「緑雨」創刊号、埼玉県所沢市)
・林ふみお「警邏」(「銀座線」20号、東京都杉並区)
・門倉まり「分身」(「じゅん文学」83号、名古屋市緑区)
・高樹大至「デコちゃん」(「樹林」602号)
これまでに
取りあげられた作品

No.121(2015年春季号)
No.120(2015年冬季号)
No.119(2014年秋季号)
No.118(2014年夏季号)
No.117(2014年春季号)
No.116(2014年冬季号)
No.115(2013年秋季号)
No.114(2013年夏季号)
No.113(2013年春季号)
No.112(2013年冬季号)
No.111(2012年秋季号)
No.110(2012年夏季号)
No.109(2012年春季号)
No.108(2012年冬季号)
No.107(2011年秋季号)
No.106(2011年夏季号)
No.105(2011年春季号)
No.104(2011年冬季号)
No.103(2010年秋季号)
No.102(2010年夏季号)
No.101(2010年春季号)
No.100(2010年冬季号)
No.99(2009年秋季号)
No.98(2009年夏季号)
No.97(2009年春季号)

◆ No.122(2015年夏季号)で取りあげられた作品
・宇野健蔵「晴れた日は電車に乗って」(「じゅん文学」82号、名古屋市緑区)
・吉留敦子「女友達」(「AMAZON」469号、兵庫県尼崎市)
・安和井間弥「学校の怪談」(「こみゅにてぃ」92号、埼玉県和光市)
・水無月うらら「きみから見える世界」(「星座盤」8号、岡山市北区)
・板坂剛「秋の彼方に」(「北方文学」71号、新潟県柏崎市)
・伊藤文隆「病院の廊下で」(「街道」25号、東京都武蔵野市)
・南奈乃「べた踏み坂」(「てくる」17号、大阪市東成区)
・稲村武久「お披露目」(「繋」9号、大阪府吹田市)
・飯野修平「大地炎上」(「緑雨」創刊号、埼玉県所沢市)
・林ふみお「警邏」(「銀座線」20号、東京都杉並区)
・門倉まり「分身」(「じゅん文学」83号、名古屋市緑区)
・高樹大至「デコちゃん」(「樹林」602号)
◆ No.121(2015年春季号)で取りあげられた作品
・木戸岳彦「Xからの手紙」(「季刊 作家」84号、愛知県稲沢市)
・キム・リジャ「白詰草」(「ルーチェ」9号、三重県四日市市)
・木下径子「夏の休暇」(「街道」24号、東京都武蔵野市)
・島尾伸三「壊れた鉄橋」(「タクラマカン」52号、神戸市東灘区)
・いいだすすむ「闇のなかの夜」(「飃」97号、山口県宇部市)
・加地慶子「最後の家」(「まくた」286号、横浜市戸塚区)
・和泉真矢子「オリヅルラン」(「メタセコイア」11号、大阪市東住吉区)
・阪井雅子「展覧会の嘘」(「こみゅにてぃ」91号、埼玉県和光市)
・難波田節子「森の奥」(「遠近」55号、川崎市麻生区)
・大森康宏「殯(かりもがり)」(「八月の群れ」59号、兵庫県明石市)
・とうやまりょうこ「五月の花束」(「孤帆」24号、横浜市西区)
・内田勝馬「大いなる。死」(「限」2号、東京都文京区)
・関野みち子「箱の中」(「ぱさーじゅ」31号、大阪市北区)
・住田真理子「耳の奥の子ども」(「あるかいど」54号、大阪市阿倍野区)
・紺野夏子「暖炉」(「南風」36号、福岡市西区)
◆ No.120(2015年冬季号)で取りあげられた作品
・小倉哲哉「海の終わりに」(「ignea」5号、大阪府三島郡)
・塚田源秀「夏中さん」(「せる」96号、大阪府東大阪市)
・みずきいりひ「時の器」(「青の時代」41号、北海道函館市)
・田原玲子「千代ちゃん」(「私人」82号、東京都新宿区)
・蒔田あお「遠望」(「流浪」1号、滋賀県大津市)
・谷山淳彦「民族の祭典」(「たまゆら」96号、滋賀県東近江市)
・佐々木信子「棚田」(「九州文学」27号、福岡県中間市)
・大城定「おかわり」(「澪」4号、横浜市旭区)
・崎浜慎「灰色の高い塔」(「四の五の」1号、沖縄県那覇市)
・高橋駘「遡上」(「札幌文学」81号、札幌市手稲区)
・森岡久元「寒波」(「姫路文学」128号、兵庫県姫路市)
・藤澤美子「ヒューイ、デューイ、ルーイの墓」(「創」8号、名古屋市緑区)
・奥田寿子「髪を切る」(「あるかいど」53号、大阪市阿倍野区)
著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー | サイトマップ