お問い合わせ ホーム
三田文学について 雑誌紹介 その他の刊行物 オリジナルグッズ 会員募集 定期購読のご案内 広告主募集 イベント
 
三田文学新人賞
同人雑誌評
編集部特別企画
 

三田文学編集部
〒108-8345東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学内
mitabun@muse.dti.ne.jp

 
◆ No.103(2010年秋季号)で取りあげられた作品
・有森信二「風の呼ぶ声」(「海」70号、福岡市)
・有坂広一「煽動者」(「じゅん文学」63号、名古屋市緑区)
・銚布坂大「ガラスの部屋」(「とぽす」48号、大阪府茨木市)
・山田梨花「夕やけの街」(同上)
・難波田節子「雨のオクターブ・サンデー」(「河」155号、東京都新宿区)
・米沢朝子「水際まで」(「高知文学」36号、高知県高知市)
・鵜瀬順一「螺旋」(「あるかいど」40号、大阪市阿倍野区)
・有芳凛「余り石」(「じゅん文学」64号、名古屋市緑区)
・西尾イースト「横断歩道」(同上)
・篠原ちか子「いのちの場所」(「風紋」5号、富山県富山市)
・森まりも「秩父線ワンダーツアー」(「私人」69号、東京都新宿区)
・隈部京子「もうすぐその時が」(「小説家」132号、東京都国分寺市)
・石井利秋「小屋に住んでいた老人」(同上)
・朝岡明美「レモンスカッシュ」(「文芸中部」84号、愛知県東海市)
・宮内はと子「凍てて凍てつくイテイテテ」(「カム」6号、奈良県桜井市)
・明森まつり「海のハト」(「じくうちU」21号、神奈川県藤沢市)
・和田信子「月の夜は」(「南風」27号、福岡市城南区)
・森岡久元「小石の由来」(「酩酊船」25号、兵庫県宍粟市)
・森岡久元「花木さんとヒカルくん」(同上)
・西田宣子「おっぱい山」(「季刊午前」42号、福岡市博多区)
・村山嘉緒「小春日和」(「無名群」89号、青森県弘前市)
・森野いつき「デジャヴュ」(「サボテン通り」10号、北海道函館市)
・塚越淑行「アイリッシュラメント」(「まくた」268号、横浜市戸塚区)
・木戸博子「樹木の話」(「石榴」11号、広島市安佐北区)
・岡田雪雄「宝の山」(「弦」87号、名古屋市守山区)
・森静泉「じいちゃんの夏」(「狼」56号、群馬県高崎市)
これまでに
取りあげられた作品

No.113(2013年春季号)
No.112(2013年冬季号)
No.111(2012年秋季号)
No.110(2012年夏季号)
No.109(2012年春季号)
No.108(2012年冬季号)
No.107(2011年秋季号)
No.106(2011年夏季号)
No.105(2011年春季号)
No.104(2011年冬季号)
No.103(2010年秋季号)
No.102(2010年夏季号)
No.101(2010年春季号)
No.100(2010年冬季号)
No.99(2009年秋季号)
No.98(2009年夏季号)
No.97(2009年春季号)



◆ No.102(2010年夏季号)で取りあげられた作品
・堺恵利「水槽」(「森時計」8号、神戸市西区)
・岩代明子「水を買いに行く」(「ignea」2号、大阪府東大阪市)
・酒見優里「恋人はブッダ」(「清泉文苑」27号、東京都品川区)
・一藁英一「くらげの酢の物」(「VIKING」708号、和歌山県伊都郡)
・難波田節子「郭公の雛」(「季刊 遠近」39号、東京都練馬区)
・野坂喜美「はんにゃしんぎょう」(「米子文学」57号、鳥取県米子市)
・蒲生一三「絆」(「文芸中部」83号、愛知県東海市)
・磯貝治良「置き忘れたもの」(「架橋」29号、愛知県清須市)
・藤原惠一「光のケーン」(「文芸思潮」33号、東京都世田谷区)
・塚越淑行「女とアボカド」(「まくた」267号、横浜市戸塚区)
・山岸久「恭一とダックスフント」(「山音文学」116号、北海道豊浦町)
・荒井登喜子「死の淵」(「文学街」271号、東京都杉並区)
・江時久「赤城山」(「槐」27号、千葉県佐倉市)
・浅丘邦夫「うもんさと、なぎさと」(「文学横浜」40号、神奈川県横須賀市)
・青柳隼人「シャンハイに降る雪」(「北狄」350号、青森県青森市)
・高橋陽子「むすびたいのに」(「せる」83号、大阪府東大阪市)
・岡田四月「田々楽々」(「銀座線」15号、東京都杉並区)
・河井友大「流される川」(同上)
・藤保君子「小窓から眺める空」(「姫路文学」122号、兵庫県姫路市)
・大塚高誉「鈍色の街角」(「播火」74号、兵庫県姫路市)
・神盛敬一「オリオンの子」(「飢餓祭」33号、奈良県奈良市)
 
◆ No.101(2010年春季号)で取りあげられた作品
・塚越淑行「三十年後のスプートニク」(「まくた」266号、横浜市戸塚区)
・田中憲子「欠落ぴーす」(「港の灯」2号、神戸市北区)
・しみず黎子「喪失」(「私人」67号、東京都新宿区)
・和木亮子「柿色の風呂敷」(「人間像」179号、北海道北広島市)
・野坂喜美「悪食仲間」(「米子文学」56号、鳥取県米子市)
・倉永洋「早春の俤」(「雪渓文學」59号、大阪市住吉区)
・権野宏子「来月同じ時間にここで」(「AMAZON」438号、兵庫県尼崎市)
・野沢薫子「帰郷」(「長崎文学」62号、長崎県長崎市)
・浅田厚美「シミュラクラ・クラリス」(「別冊 関學文藝」39号、兵庫県西宮市)
・南綾子「時計草」(「素粒」7号、富山県富山市)
・二上法幸「パンチョの青い空」(「樹林」539号、大阪市中央区)
・米沢朝子「点景の旅人」(「蒼空」14号、高知県高知市)
・木戸順子「たずね人」(「弦」86号、名古屋市守山区)
・市川しのぶ「月に祈る」(同上)
・谷口あさこ「タネを起こす パンを焼く」(「せる」82号、大阪府東大阪市)
・喜勢和子「夜汽車」(「湧水」44号、東京都豊島区)
・飛田一歩「悪癖」(同上)
・木下恵美子「死の島」(「詩と眞實」727号、熊本市出仲間)
・難波田節子「遺産の周辺」(「季刊 遠近」38号、東京都練馬区)
・笠原さき子「老らく」(「黒馬」37号、長野県岡谷市)
・蒲生一三「溶けてゆく街」(「文芸中部」82号、愛知県東海市)
・新村苑子「律子の舟」(「文芸驢馬」58号、東京都文京区)
・坂井真弥「甲羅」(「文藝軌道」11号、神奈川県大磯町)
・興津垚四郎「父の橋」(「丁卯」26号、静岡県沼津市)
・中井正文「文芸にこだわる手記」(「広島文藝派」24号、広島県廿日市市)
 
◆ No.100(2010年冬季号)で取りあげられた作品
・大西智子「不眠不休ランナー」(「カム」5号、奈良県桜井市)
・武田典子「羽化」(「文芸思潮ウェーブ」30号、東京都世田谷区)
・倉永洋「その向こうの影」(「雪渓文學」58号、大阪市住吉区)
・中田重顕「盆踊り唄」(「中部ぺん」16号、名古屋市東区)
・山岸久「正月」(「山音文学」115号、札幌市)
・北村幹子「或るマッサージ師の恋」(「季刊 遠近」37号、東京都練馬区)
・山田無六「青の絵日記」(「京浜文学」14号、横浜市保土ヶ谷区)
・長瀬葉子「言えなかったこと」(「とぽす」47号、大阪府茨木市)
・福井ゆかり「貧乏神」(「てくる」6号、大阪市東成区)
・佐佐木邦子「幻のブタ」(「仙台文学」74号、仙台市泉区)
・平木アイス「パスカルとわたし それから」(「メタセコイア」6号、大阪市)
・石井国夫「侵蝕」(「火」7号、東京都中野区)
・安達久美子「ひとりあそび」(「法政文芸」5号、東京都千代田区)
・石井利秋「鉄道団地」(「カプリチオ」30号、東京都世田谷区)
・河合愀三「霧と蜘蛛と」(「龍舌蘭」177号、宮崎県宮崎市)
・垂水薫「同行」(「照葉樹」7号、福岡県福岡市)
・池部正臣「虞郷」(「九州文学」7号、福岡県中間市)
・野田知子「寡黙」(「作品・T」17号、大阪府吹田市)
・山口馨「風景――泪橋あたり」(「渤海」58号、富山県富山市)
・出水沢藍子「ワシントンの五色桜」(「小説春秋」22号、鹿児島県鹿児島市)
・笹沢信「君になれにし……」(「山形文学」97号、山形県山形市)
 
著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー | サイトマップ