お問い合わせ ホーム
三田文学について 雑誌紹介 その他の刊行物 オリジナルグッズ 会員募集 定期購読のご案内 広告主募集 イベント
 
三田文学新人賞
同人雑誌評
編集部特別企画
創刊号〜昭和19年10・11月号合併号の「三田文学」をオンラインでご覧いただけます。
ぜひ、トライアルでお試しください。


 

三田文学編集部
〒108-8345東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学内
mitabun@muse.dti.ne.jp

 

▼「新 同人雑誌評」は、文藝春秋社から刊行されている文芸誌「文學界」の2008年12月号で、57年間つづいた「同人雑誌評」が終了したことを受けて、それを引き継ぐかたちで新しく対談形式ではじまりました。

▼三田文学編集部に寄せられた同人雑誌を、柳澤大悟氏と加藤有佳織氏が読み、優秀作を選び、評します。→今号で取りあげられた作品

▼「三田文学」の新 同人雑誌評で選ばれた最優秀作は、半期ごとに「文學界」に掲載されます。

●同人雑誌募集●

同人雑誌を発行ごとに「三田文学」編集部(下記の住所)まで、
2部お送りください。

〒108-8345
東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学内
「三田文学」編集部 同人雑誌評係

これまでに
取りあげられた作品

No.133(2018年春季号)
No.132(2018年冬季号)
No.131(2017年秋季号)
No.130(2017年夏季号)
No.129(2017年春季号)
No.128(2017年冬季号)
No.127(2016年秋季号)
No.126(2016年夏季号)
No.125(2016年春季号)
No.124(2016年冬季号)
2015年(No.120〜No.123)
2014年(No.116〜No.119)
2013年(No.112〜No.115)
2012年(No.108〜No.111)
2011年(No.104〜No.107)
2010年(No.100〜No.103)
2009年(No.97〜No.99)

◆ No.135(2018年秋季号)で取りあげられた作品
・島田奈穂子「手のなかの小鳥」(「mon」vol.12、大阪市阿倍野区)
・玉置伸在「何ごとが照らすかを知らず」(「カプリチオ」第47号、東京都世田谷区)
・原あふち「人間病患者」(「あるかいど」64号、大阪市阿倍野区)
・小倉哲哉「坂の多い街」(「ingea」8号、大阪府三島郡)
・城戸祐介「出産者」(「九州文學」第42号、福岡県中間市)
・日上秀之「日々」(「北の文学」第76号、岩手県盛岡市)
・熨斗克信「ルック、バック」(「新奇蹟」第3號、東京都新宿区)
・松本元「ポリドール池」(「樹林」vol.641、大阪市中央区)
・下元真人「ついんず」(「高知文学」第44号、高知県高知市)
・藤原伸久「箱の中」(「文宴」129号、三重県津市)
・松林杏「チューニング」(「ignea」8号、大阪府三島郡)
・加藤清三郎「返り梅雨」(「樹林」vol.641、大阪市中央区)
・森美樹子「真昼の銀河鉄道」(「九州文學」第42号、福岡県中間市)
 
著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー | サイトマップ