お問い合わせ ホーム
三田文学について 雑誌紹介 その他の刊行物 オリジナルグッズ 会員募集 定期購読のご案内 広告主募集 イベント
 
「三田文學」バックナンバー
三田文学新人賞
同人雑誌評
編集部特別企画
創刊号〜昭和19年10・11月号合併号の「三田文学」をオンラインでご覧いただけます。
ぜひ、トライアルでお試しください。


 

三田文学編集部
〒108-8345東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学内
mitabun@muse.dti.ne.jp

 

▼「新 同人雑誌評」は、文藝春秋社から刊行されている文芸誌「文學界」の2008年12月号で、57年間つづいた「同人雑誌評」が終了したことを受けて、それを引き継ぐかたちで新しく対談形式ではじまりました。


▼「三田文學」の新 同人雑誌評で選ばれた最優秀作は、半期ごとに「文學界」に掲載されます。

●同人雑誌募集●

同人雑誌を発行ごとに「三田文學」編集部(下記の住所)まで、
3部お送りください。

〒108-8345
東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学内
「三田文學」編集部 同人雑誌評係

これまでに
取りあげられた作品

No.148(2022年冬季号)
No.147(2022年秋季号)
No.146(2021年夏季号)
No.145(2021年春季号)
No.144(2021年冬季号)
No.143(2020年秋季号)
No.142(2020年夏季号)
No.141(2020年春季号)
No.140(2020年冬季号)
2019年(No.136〜No.139)
2018年(No.132〜No.135)
2017年(No.128〜No.131)
2016年(No.124〜No.127)
2015年(No.120〜No.123)
2014年(No.116〜No.119)
2013年(No.112〜No.115)
2012年(No.108〜No.111)
2011年(No.104〜No.107)
2010年(No.100〜No.103)
2009年(No.97〜No.99)

◆ No.150(2022年夏季号)で取りあげられた作品
・松浦幸恵「渡舟場で」(「樹林」Vol.680、大阪市中央区)
・都賀久武「鬼無しの話」(「茶話歴談」第4号、大阪市阿倍野区)
・田友季子「後を追う」(「巣」、徳島県徳島市)
・香名山はな「サイドライン」(「逍遥通信」第6号、札幌市豊平区)
・吉永ケイト「黒い家の赤い花」(「P.」37号、三重県四日市市)
・南水梨絵「金柑の木のある庭」(「せる」第119号、大阪市旭区)
・秋乃みか「庵」(「じゅん文学」第108号、名古屋市緑区)
・篠原紀「いずれ嫌いになる」(「創作」W、神奈川県大和市)
・篠原紀「空を飛ぶための生活法」(「創作」X、神奈川県大和市)
・高梁遼夢「絹女の堤」(「文芸エム」第6号、滋賀県大津市)
・園田明男「かくれがま」(「九州文學」通巻578号、福岡県筑紫野市)
・中山真佐子「北極星」(「苫小牧文学」26号、北海道苫小牧市)
・柳宗一郎「シェアしませんか?」(「木綿葉」第16号、熊本県八代市)
・西村郁子「タンスの中のわたし」(「せる」第119号、大阪市旭区)
・岡原郁子「物語の終わりに」(「樹林」Vol.680、大阪市中央区)
・能美亨「霧の社へ」(「樹宴」第22号、東京都葛飾区)
・北川珪子「夜明けの人」(「AMAZON」510号、神戸市西区)
・柳沢さうび「反転銀河に疑似星座」(「北方文学」第84号、新潟県柏崎市)
・魚家明子「COLORS」(「北方文学」第84号、新潟県柏崎市)
・山上この葉「みすていく」(「文芸エム」第6号、滋賀県大津市)
・加藤京子「廃園にアリア響いて」(「カプリチオ」第52号、東京都世田谷区)
 
著作権について | 免責事項 | プライバシーポリシー | サイトマップ